You are here

迅速な部品納品により、ダウンタイムによる顧客の損害を30万ドル以上も削減

バトン・ルージュでの暗黒の夜

Stupp Corporationは包括的なサイズ幅のあるカスタムメイドの鉄パイプを製造しています。 2012年9月19日 午前2時、弊社のサービスマネジャーであるステファン・ドイルは、スパイラル・ミル内で、54トンのコイルベイ天井クレーンの悲惨な事故が起こったという連絡を受けました。 事故の原因は不明のままでしたが、結果は明白でした。 ホイストのフレームに深刻なダメージがあり、クレーンは完全に操縦不可能でした。

「このクレーンは彼らの業務には不可欠です。 40トンの鋼鉄コイルを、製管機器に搭載し、彼らの製作所での生産工程の始めに位置づけられているのです。」とドイル氏は語りました。 弊社チームはホイストを修理するために必要な部品を在庫から探しました。ベアリングハウジングと、ドラムを指定位置に固定するための4面プレートのうちの3つです。 ワイヤーロープも破損していましたが、ギアボックスはまだ利用可能であると判断しました。 納品には6~8週間かかると推測されました。

Stuppのメンバーは暫定的に修理を施しましたが、クレーンの主要機能は40トンの鋼鉄コイルを引き上げることであるため、安全管理の責任者が承認しませんでした。 状況は八方ふさがりです。

暫定的ソリューション

Stuppは四六時中稼働しなければなりません。 Stupp社の購買マネジャーであるグレッグ・ニューマンによると、作業員は、フォークリフトを活用した対策を思いついたということでした。 「理想的ではありませんでした。というのは、40トンコイルを搭載した機器の非常に重い部分を床に置くことになったのですが、その床はそもそも、そのような重いものを置く前提で設計されたものではないかもしれないからです。」とニューマン氏は言いました。 この選択肢は、より多くの人材、時間、費用を必要としました。 「他の業務についていた作業員を連れてくる必要があり、その分、別のプロジェクトでの残業が増えてしまいました。」とニューマン氏。 フォークリフトの応急措置を使った場合、通常2~3時間で終わるはずの業務が、5~6時間かかっているので、1日15,000ドルの追加費用が運用コストに足されることになると試算しました。

お客様のために全力を尽くす

事の重大さを理解したステファン・ドイルは、弊社の部品部隊上層部に、必要な部品がより早く入手できるように訴えました。 9月25日にフィンランドから配送され、クレーンは10月12日に再び利用できる状態になりました。 この功績に対する賞賛は、その後のStupp社によるコネクレーンズへの業務依頼が大幅に増えた、という形で表れました。