You are here

クレーン・ホイストの無線リモコン化

無線遠隔操作

無線リモコン化のメリット

1. 安全性向上

高温多湿、粉塵、有毒ガス、その他の危険を伴う作業など、厳しい現場から離れて比較的環境の良い安全な場所から装置を操作することにより、オペレータの安全を確保します。

 

2. 作業の省力化

ペンダント(有線)操作の場合、合図者とオペレータによる共同作業、また大型クレーンでは、オペレータと合図者と玉掛者の三者作業となることがあります。
無線リモコン化することにより、1人で兼務して操作が可能となり効率化を図ることが出来ます。

 

3. 作業の高効率化

ペンダントスイッチのケーブルの長さにオペレータの操作位置は制約を受けます。
作業により操作対象物の死角に立たざるを得ない、また厳密な操作が必要なのに目視できないことから、クレーンの操作に時間がかかったり、操作ミスが発生したりします。
無線リモコン化することにより、オペレータは操作対象を目視できる位置を確保でき、より正確な操作が可能となります。

キャビン(制御室)と作業場の距離があり往復に時間がかかる場合、無線リモコン化することにより移動時間を短縮して、すぐに作業開始できます。

 

4. コスト低減

ペンダントスイッチのケーブルの磨耗、劣化、トラックに引っ掛けて破損させてしまう等により、ケーブルやペンダントスイッチ本体の交換の費用が発生します。
無線リモコン化することにより、それらのメンテナンス費用が削減できます。

また、新しく装置を導入する際にケーブル配線に莫大な費用が掛かる場合、無線化することによりその費用を抑制できます。

 

コネクレーンズにおける無線リモコン化

コネクレーンズではHBC-radiomatic社製の無線機を推奨しています。
HBC-radiomaticは70年にわたり開発・製造・販売・サービス活動を行う世界有数の産業用ラジオ無線リモコンのメーカーですが、その製品はコネクレーンズ純正品としても世界中に長年にわたり供給されています。
高い安全性・操作性・堅牢性を兼ね備えたHBC-radiomatic製無線機の導入を是非ご検討下さい。
コネクレーンズはお客様にとって最適な無線機を提案させて頂きます。

 

無線機器スプリアス規定変更

総務省によるスプリアス規定の変更に伴い、お手元の無線リモコンが使えなくなる可能性があります。
コネクレーンズでは対象無線機の製品寿命、コスト、安全の観点から新規リモコンへの載せ換えをご提案させて頂きます。
お気軽にご相談下さい。 

スプリアス規定改正につきましては、プレスリリース「無線機器スプリアス規定変更に伴う既存機器対応について」をご参照下さい。

 

無線操作の運転資格

吊り上げ荷重5 ton未満のクレーンにおいては、クレーン運転特別教育修了資格があれば無線での運転が可能です。
吊り上げ荷重5 ton以上のクレーンの無線操作にはクレーン運転士免許が必要です。

 

お問い合わせ
コネクレーンズ株式会社
TEL: 03-3440-5080 / FAX: 03-3440-5082
EMAIL: parts.japan@konecranes.com / URL: www.konecranes.jp

【拠点】

東京本社/東京都品川区東五反田5-22-38 第2山崎ビル3F
中部サービス事務所/愛知県清須市春日白弓38
関西サービス事務所/大阪府大阪市大正区三軒家東6丁目8番8号
九州サービス事務所/福岡県福岡市東区水谷2丁目14番6号