You are here

クレーン信頼性調査

お使いのクレーンの残りの耐用年数をご存知ですか?

クレーン信頼性調査(CRS、Crane Reliability Study)は、クレーンの現在の状態を調査し、理論上の残りの耐用年数を推定するエンジニアリング評価です。 この調査では、構造、機械部品、電気系統が調べられ、必要になると予想される保守および近代化が明確に示されます。

すべてのクレーンの耐用年数には限りがある

増大する生産需要に対応できる性能をクレーンが備えているかどうか不明な場合や、当初想定されていた用途以外の目的でクレーンを使用している場合は、クレーン信頼性調査を実施できます。 また、安全上の問題が懸念される場合や、近代化する必要があるかどうかを確認したい場合は、CRSを実施すれば必要な情報を収集できます。

CRSプロセス

• コネクレーンズのスペシャリストチームがクレーンの生産状況や操作環境を観察します。
• 安全性、生産性、信頼性、有用性、さらに残りの設計耐用年数に着目し、クレーンの構造や部品をはじめ全体の状態を細かく評価します。
• オペレータおよび保守担当者と面接を行い、関連するすべてのドキュメントを精査します。
• 詳細な報告書を作成してお渡ししたあと、保守、近代化、および今後の調査についてアドバイスします。