You are here

CraneQ™クレーン形状調査

天井クレーンの形状に関する包括的な所見

クレーンのホイールやレールの摩耗が早かったり、構造部品または駆動系の不具合に悩まされてはいませんか? これらはすべて、クレーンの形状が不適正なために現れる症状です。 クレーンから異音がする、正しく位置決めできないといった不満をクレーンオペレータから聞かされたことはありませんか? CraneQクレーン形状調査により、これらの症状の根本原因を特定でき、重大な問題や、コストを増大させるダウンタイムを防ぐことができます。

CraneQでは、クレーンの直角度を検証します。適切な走行のためには、サドルが相互に平行で、クレーンのブリッジガーダーに対して直角でなければなりません。 加えて、サドルのホイールのアライメントなど、サドル自体の形状を検証します。 最後に、クレーンガーダーのキャンバーを測定します。

CraneQは、最先端の測定方法と従来の測定方法の両方を採用しています。 独自のソフトウェアと確かな調査技術により、極めて正確なクレーンの形状分析が可能です。 当社では、調査結果に加え、修正措置を計画する際に役立つ専門知識もご提供します。

CraneQでは、次のことを行います。

• 正確なホイールおよびサドルのアライメント測定
• クレーンとクレーンの動作部品との総合的な直角度の検証
• クレーンガーダーのキャンバーの分析
• 当社ならではの深い分析に基づいた、詳細で正確な結果の提出
• ホイールのアライメントおよびクレーンの直角度に関する推奨事項の提示