You are here

リスク・推奨法

コネクレーンズのクレーンサービスプログラムに使用されるアプローチ

当社では、熟練したローカル技術者のグローバルネットワークと独自のリスク・推奨法を活用し、クレーン保守において独自のコンサルテーションアプローチを採用しています。

リスク・推奨法では、各部品を検査し、その状態を確認します。 故障、欠陥、および違反をドキュメントに記録し、 安全上、生産上、またはその他のリスクのいずれかにそれらの問題を分類します。 加えて、さまざまな改善方法を特定できます。 推奨される措置を特定してお客様にご提案し、協議します。

最も深刻なのは安全上のリスクです。これは、作業者の負傷につながる事故のリスクがあることを示しています。 安全上のリスクが見つかった場合、その装置は、修理等により元の状態に修復しなければなりません。そうでないと安全に使用できる保障ができません。 生産性のリスクは、部品が故障している可能性があり、生産の中断または停止に追い込まれるリスクがあることを示しています。 その他のリスクは、機械の構造や障害物などにより、指定のサービス範囲の目視点検では状態を確認できなかったことを示しています。 通常、このようなリスクが見つかった場合には、コンサルテーションサービス製品を利用して部品を詳しく調べることお勧めしています。

どのサービスを実施する場合でも、当社の検査およびコンサルテーションアプローチは、リスク・推奨法に従って行われます。また、安全性と生産性に関する措置が記されたドキュメントを、お客様にお渡しします。