You are here

データ、機械、人を繋いで、リアルタイムのライフサイクルケアを提供します。

ライフサイクルケアは、世界に通用するツールとプロセスに裏付けされた、包括的で体系化された保守アプローチです。 リアルタイムのライフサイクルケアをご提供するために、インダストリアル・インターネットを使ってデータ、機械、人をつなぎます。 使用データと保全データを、弊社の知識・経験と結合することで、お客様の保全オペレーションや活動の最適化を可能にする洞察ツールをご提供します。

CONNECT

現場では、モバイル対応の検査官と技術者がリスクと推奨方法(Risk and Recommendation Method)に従い、弊社独自のMAINMANソフトウェアを使って、検査と保全データを入力します。 それにより、保全や機器使用の記録、オペレーション情報等にアクセスして、予備部品リストやマニュアルの閲覧が可能です。 

TRUCONNECT® 遠隔モニタリング ではセンサーを使うことで、稼働時間、モーター開始時間、作業サイクル、ブレーキ状態といった、機器使用データを集めます。 警告とは、ホイストの過荷重、緊急ストップ、過熱等の状況をテキストメッセージや電子メールによって通知することです。

TRUCONNECT遠隔サポートを使用すれば、クレーンの専門家やスペシャリストのグローバルなネットワークに、年中無休でアクセス可能です。解決策やトラブルシューティングを受け、予期せぬダウンタイムを減少することができます。

情報を得る

お客様は、弊社のカスタマーポータルである yourKONECRANES.comにアクセス可能です。 使用データや保全データ、所有機器の詳細がリンクされることで、選択された期間中に起こった活動を全て把握できます。 所有機器の一部、全体に関わらず、集合化データを素早く閲覧、分析、共有できます。 異常、パターン、トレンドを観察して得た洞察を通して、ユーザーは事実に基づいた判断を下すことが出来るようになります。

異常(Anomalies)は、過荷重等の故障を引き起こします。 こうした故障は異常事態として、発生後早急に対処する必要があります。 過荷重を引き起こす状況を把握することが、その原因見極めの第一ステップになります。

パターンは様々な要素間の関係を明らかにします。 例えば、過荷重警告や緊急ストップ警告、頻繁なスタートは、人的エラーによるダウンタイムや安全性問題のリスクを減らすためのオペレータートレーニングの必要性を示唆しているかもしれません。 一方、繰り返し起こるモーターの過熱は、機器や工程において変更が必要であることを示しているかもしれないのです。

トレンドの把握は、是正措置や投資の優先順位付けに役立ちます。 データ動向を続けて分析することで、予知保全向上が促進されます。

最適化

弊社のコンサルテーションアプローチは、お客様が速やかに決定を下すお手伝いをさせていただきます。 入手情報お客様と共有し、アドバイス提供、運営・保全の様々な局面での最適化処置等について丁寧にご説明いたします。

  • コンプライアンス
  • 記録の維持
  • 保全計画と優先順位
  • 補用部品の供給
  • 機器の使用
  • オペレーターのトレーニング
  • 設備投資計画と妥当性検証