You are here

産業インターネット

コネクレーンズのビジョンは、機械をインテリジェント化して機械に機械の状態を監視させ、それらをネットワークでつないで遠隔地からでもリアルタイムで確認できるようにすることです。これが実現すれば、安全性と生産性が著しく向上にします。

4番目の産業革命: 産業インターネット

産業インターネットの心臓部は、連動して動作する一連のセンサーです。このセンサーにより、特定の目的に従ってデータが収集され、分析されます。 この方法によりビジネスの効率性は、以前には考えられなかったようなレベルにまで引き上げられています。

人類の歴史を通じ、多くの社会、多くの場面で、生産性は少しずつ向上してきました。生活水準も、急速にとは言えませんが、ゆっくりと向上してきました。 約200年前に生産の機械化によって始まった産業革命は、私たち人類の生活に大きな変化をもたらしました。 人や動物の筋力に頼っていた動力源が機械の力に変わっていったのです。 2番目の産業革命は、1870年、米国オハイオ州シンシナティの食肉加工工場でベルトコンベヤーのスイッチが初めて押されたときに始まりました。そのとき人類は、電気の助けを借りた「ワークシェアリング」と大量生産への道を歩き始めました。 1970年代半ばには、生産プロセスの自動化が始まります。そして現在、産業インターネットの登場により、世界は新しい時代に入りつつあります。 ある人はこれを、4番目の産業革命または「Industry 4.0」と呼んでいます。

産業インターネットとは、機械を、ネットワークでつながれたセンサーとソフトウェアに融合させたものです。 産業インターネットはグローバル産業を完全に転換させるだけでなく、人々の働き方や日常生活にも多大な影響を与えています。 産業インターネットは、航空、鉄道輸送、電力、石油・ガス、医療など、さまざまな産業に高速化と効率化をもたらすことでしょう。 地理的な場所に制約されない、経済成長の拡大、質の高い雇用の創出、ひいては生活水準の向上の可能性をも秘めているのです。

産業インターネットの3つの次元

産業インターネットは、過去の革命の2つの利点を合わせ持っています。 というのも産業インターネットは、過去の産業革命によって生まれた機械、施設、組織、ネットワークと、近年のインターネット革命によって社会にもたらされた、コンピュータ、情報、通信システムによる技術革新とで成り立っているからです。

産業インターネットの中核を構成する3つの要素
インテリジェントな機械: 最先端のセンサー、制御ユニット、ソフトウェアアプリケーションを介して、機械、施設、組織、ネットワークを接続する新しい方法として使用されます。
最先端の分析: 分析、予測アルゴリズム、自動化、材料科学と電気工学の深い専門知識などを駆使し、機械と、さらに巨大なシステムがどのように動作しているかを理解します。
職く人々: 産業施設、オフィス、病院、移動先など、さまざまな場所にいる人々をつなぐことで、設計、運用、保守のインテリジェント化を促進し、サービスの質と安全性を向上させます。

インテリジェントな装置、施設、組織、ネットワークをつなぎ、さらに職場と移動先にいる人々をつなぐことで、プロセスの最適化の新たな可能性を見出し、生産性と効率性を一層向上させる道を模索します。 一方で競争バランスは変化し、業界によっては生き残りを賭けた迅速な決断や調整を迫られることになります。 情勢やプロセスの変化のスピードは業界によって異なることが予想されます。しかしその影響は、変革が進むにつれて広範囲にまで拡大し、やがて社会全体に及ぶことは間違いありません。

今すぐ産業インターネットを始める - 産業インターネットによってマテリアルハンドリング業界がどのように変わるかについて話し合うオンラインフォーラムです。